クジラがトドを誤って丸呑みした画像が話題に。世間の声や反応は

暮らしのニュース

ザトウクジラの口にくわえられるアシカを捉えた驚くべき写真が22日、 野生動物カメラマンのチェース・デッカー(Chase Dekker)さん(27)によって撮影された。

 海洋生物学者でもあるデッカーさんは、「一生に一度」の瞬間を捉えたのは、カリフォルニア州モントレーベイ(Monterey Bay)でのホエールウオッチングクルーズ中だった。

 インタビューとインスタグラム(Instagram)への投稿での回想によると、デッカーさんは、ザトウクジラの群れが餌の奪い合いをしているのに気付いた。クジラたちはアンチョビ(カタクチイワシ)をむさぼる中、不運なアシカ1頭が逃げ遅れ、とうとうクジラにくわえられてしまった。

スポンサーリンク

クジラが間違えてトドを丸飲みしてしまう珍事件が話題に

米カリフォルニア州のモントレー湾で、クジラがトドを「丸飲み」にした瞬間を、地元の野生動物カメラマンがとらえた。

海洋学者でもあるチェイス・デッカーさん(27)は7月22日、ホエール・ウォッチングのために船で沖に出ていた。

デッカーさんはBBCのラジオ番組の取材で、「3頭のザトウクジラと、200頭くらいのトドしかいなく、そんなに大きな群れではありませんでした」と語った。

クジラとトドは海面でイワシの群れを食べていたが、1頭のクジラは予想よりも少し大きなものを口に入れてしまったようだ。

「食事の様子を眺めていたら、この一生に一度の出来事が起きた。まだ自分の目が信じられません」とデッカーさんは話した。

デッカーさんは、トドがこの後、クジラの口の中から泳いで出て行ったと「100%の確信がある」と言う。

ザトウクジラには歯がなく、「ひげ」と呼ばれる板状の器官で食べ物をこして食べている。トドのような生物は食べ物にはならない。

デッカーさんによると、クジラが食べ物を取り込む時間は通常、5秒未満だが、この時クジラは15秒以上かけて口を開けたままゆっくりと海中に潜っていったため、トドが泳いで逃げ出す余裕は十分にあったという。

「クジラはトドを口に入れたまま口を閉じなかったから、トドもけがはしていないはず。とても怖かっただろうけど、傷は負っていないことは確かです」

クジラやトド、イルカ、サメといった海の捕食動物は、同じ魚の群れを一緒に狩るように進化してきたとデッカーさんは説明する。ふつうクジラの口の中に入るのは小魚ばかりで、捕食動物が飲まれるのはとてもまれな事例ではないかと指摘した。

デッカーさんは、これからザトウクジラと泳ぎたいという人たちとトンガに向かうが、人間がザトウクジラに飲み込まれる危険性はないと話した。

「私たちが泳ぐのはクジラの子育ての場所で、そこでは食事はしません。ほとんど口を開けることもないでしょう」

クジラと一緒に泳ぐ時、クジラが自分より深いところにいれば危険はないが、頭上で起きていることには注意を払う必要がある。

「去年は何度か、クジラが泳いでいる私たちの上にジャンプしそうになったことがあります。私たちが水中にいる中、とても近いところで跳びあがった。とても怖かった」とデッカーさんは話した。

「でも、ヨナのような体験をしそうになったことはありません」 (編注:ヨナとは、キリスト教の旧約聖書の登場人物で、神の言いつけに背いた結果、巨大な魚に飲まれてしまう)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-49174356-bbc-int

クジラがトドを丸呑みしている画像は

クジラ自体はトドなどは食料の対象にならないので誤って食べてしまったとのことです。

そして、トドは無事に帰還したとのことでした。

よかったですね。

世間の反応と声は

タイトルとURLをコピーしました