山口県知事の村岡嗣政(むらおかつぐまさ)と議会議長、副議会議長の経歴や画像は?公用車がセンチュリーで話題

山口県 公用車 センチュリー 暮らしのニュース

山口県の公用車でトヨタのセンチュリーを購入したとの事で世間で話題となっていました。

とはいえ、以前からも山口県は公用車として、議会議長と副議会議長用、貴賓用として保有していたとのことですが、その公用車も県知事も使用していたようです。

個人的には特別悪いことでも何でもないように思います。公用車、貴賓用ということなので問題なく思います。

ただ、世間で話題となっていることもあり、今回は話題になっている元と県知事の箭内俊学様と、県議会議長、副議会議長がどのような方かをプロフィールなども含めて詳細をまとめました。

スポンサーリンク

山口県の公用車が皇族用でトヨタ・センチュリーを購入

山口県は7月下旬、皇族が来県した際に使う来賓用の専用車を買い替えた。トヨタの最高級車「センチュリー」で、購入価格は2千万円超。ただ、今のところ皇族の具体的な来県予定はない。宮内庁は都道府県に皇族が乗る車の用意を求めておらず、中国、四国、九州の各県では既存の公用車で対応する例も多い。 センチュリーは2018年6月に21年ぶりに全面改良された現行型だ。5リットルエンジンに20個のスピーカー、後部座席にはもみほぐし機能や11・6インチの画面を備え、移動中に映画や音楽を楽しめる。価格は旧型より700万円ほど上がった。昨秋の天皇・皇后両陛下の即位パレード「祝賀御列の儀」では、この車を改造したオープンカーが使われた。  県がこの車を購入したのは今年7月30日。価格は2090万円だった。昨年から検討を進め、今年度の当初予算に計上した。皇族が来県した際に使う車として、県は「貴賓車」と呼んでいる。 ■3年間で使ったのは13日  県はこれまで県議会議長用と副議長用、貴賓車の計3台のセンチュリーを保有してきた。旧貴賓車は02年に購入し、07年まで県の東京事務所で知事が上京した際に使っていた。だが車体が大きく目立つことを理由に、山口に移して皇族が来県した際に使うようになった。今回買い替えた理由は、購入から18年を迎え、安全性に懸念があると判断したためだという。  県が直近の17~19年度の3年間にこの貴賓車を使ったのは計13日間(17年度3日間、18年度6日間、19年度4日間)。うち皇族が使ったのは18年10月の2日間だけだった。山口市であった「全国都市緑化祭」に出席した秋篠宮ご夫妻が、岩国錦帯橋空港から山口市に移動する際などに乗った。ほかには外国からの来賓の空港や駅との送迎や、村岡嗣政知事の鳥取県への出張に使ったという。

朝日新聞デジタル

そういえば、安部前総理も山口県によく行っていましたが、何か関係あるのでしょうかね。

個人的にはお偉い方が頻繁に来られる場所にはそれ相応のもてなしをしよう。という気持ちもよくわかります。

そして、その様な車を保有して動かさないままでは、いざ動かすときに不調であったり使えなくなる可能性もあるのでたまには動かしたほうが車も長持ちすると思います。

ですので県知事や議会議長が使用されても特に不思議ではないように思えますので、この方達が悪い。という事ではないと思います。

ただ、ちょっと金額的に高いから批判が得られやすいのかったのかもしれません。

トヨタ・センチュリーはモデルチェンジを行ってから、価格も上がってしまったので、価格に目につきやすかったのかもしれませんね。

それはさておき、現在の山口県知事がどなたなのか調べてみました。

山口県知事の村岡嗣政(むらおかつぐまさ)のプロフィールと顔画像

名前:村岡嗣政(むらおかつぐまさ)

出身:山口県宇部市

生年月日:昭和47年(1972年)12月7日

学歴:宇部市立西岐波小・西岐波中学校卒

   山口県立宇部高等学校卒

   東京大学経済学部卒

主な経歴

平成 8年(1996年)4月自治省(現総務省)入省
平成 8年(1996年)7月北海道企画振興部市町村課
平成 9年(1997年)4月北海道総務部財政課
平成10年(1998年)4月自治省消防庁総務課
平成12年(2000年)4月自治省税務局市町村税課
平成14年(2002年)8月広島市財政局財政課長
平成17年(2005年)4月総務省自治行政局自治政策課課長補佐
平成18年(2006年)4月高知県企画振興部市町村振興課長
平成19年(2007年)4月高知県総務部財政課長
平成20年(2008年)4月総務省消防庁国民保護・防災部参事官補佐
平成20年(2008年)7月総務省自治財政局調整課課長補佐
平成23年(2011年)7月総務省自治財政局財政課理事官
平成24年(2012年)4月総務省自治財政局財政課財政企画官
平成26年(2014年)1月総務省退官
平成26年(2014年)2月25日山口県知事就任

趣味:ジョギング、読書

好きな言葉:志を立てて、以って万事の源と為す。

村岡嗣政(むらおかつぐまさ)県知事といえば、7月にYouTuberの「へずまりゅう」さんが騒動を起こした時に、喝を入れたのが記憶にまだ新しい方ですね。

また、村岡県知事は、 「6つの日本一」を掲げて、重点的に予算を配分しました。「6つの日本一」とは、「結婚から子育て支援日本一」、「産業力強化・創業支援日本一」、「農林水産業担い手支援日本一」、「移住・定着日本一」、「首都圏等情報発信・売込強化日本一」、「地域教育力日本一」 を目指して猛省されているようです。

そして、山口県の議会議長の柳居様の経歴を調べました。

山口県の議会議長、柳居俊学(やないしゅんがく)のプロフィールと顔画像

名前 柳居 俊学 (やないしゅんがく)
選挙区周防大島町
会派自由民主党
当選回数8
所属委員会等文教警察委員会
住所〒742-2921大島郡周防大島町大字西方1912
生年月日1950年1月21日(70歳)
出生地山口県大島郡東和町(現周防大島町)
出身校大正大学仏教学部
前職東和町長
現職山口県議会議員
神宮寺住職

県議会議長は平成25年 5月10日から就任されているようです。

4期も務められているのはすごいことに思えます。

山口県の副議会議長、藤生通陽 (ふじお みちはる) のプロフィールと顔画像

名前 藤生通陽 (ふじお みちはる)
選挙区山口市
会派自由民主党
当選回数4
所属委員会等農林水産委員会
生年月日昭和22年8月19日
住所〒754-1101山口市秋穂東3266番地
生年月日1947年8月19日
出生地山口県秋穂町(現山口市)
出身校早稲田大学法学部
前職山口県秋穂町長
現職山口県議会議員
所属政党自由民主党

また、藤生通陽副議会議長は以前、山口市水道局長や土木建築委員会委員長、議会運営委員会委員長にもなられているようです。

どの方たちも山口県の為に精を出されているように思えます。

世間での反応や声は

世間では

・ クラウンで充分ではありませんか。500万くらいで買えます。どうしても重要な方の為にと言うなら、近隣5県くらいで共同購入し、お互いにシェアすれば良いのでは。仮に皇族の方が来県したとして、クラウンでは失礼だと考える方がおかしい。ロクに使用しない物に2000万使うくらいなら、他にもっと必要な物があるでしょうに。

・どういう思惑があるのかわからんが、すごい買い物で日本経済を回そうとしておりますな(笑)稼働日数が少ないのであれば近隣の県でそういうことがあった時に有償で貸すとかどうかしら。

などの声も上がっていますが、県政に精力尽されている方達が行っている事は、一般の方には理解がしにくい事もあったり、色々と複雑な事もあるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました