ザ・ビートルの終売はいつ頃まで販売してるの?憧れだった人は最後の新車購入のチャンスを見逃さないで!

暮らしのニュース

フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ザ・ビートル」の販売が最近、国内で増えているとのことです。

VW日本法人によると、今年1~6月期の販売実績は前年より3割増え、終了を惜しむファンが今のうちに新車を買おうと「駆け込み」でディーラーを訪れているようでした。

今回のビートル終売に対しての世間の声なども含めてまとめました。

スポンサーリンク

フォルクスワーゲンのビートルが終売。駆け込み需要の概要は

販売が近く終了する独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ザ・ビートル」の販売が最近、国内で増えている。VW日本法人によると、今年1~6月期の販売実績は前年より3割増え、終了を惜しむファンが今のうちに新車を買おうと「駆け込み」でディーラーを訪れているようだ。


 ザ・ビートルの特徴的なデザインのもとになったのは、かつての名車「タイプ1」だ。第2次大戦前のナチス・ドイツの国民車構想の下、フェルディナント・ポルシェ博士が設計し、戦後に欧米を中心にベストセラーとなった。丸みを帯びた独特の形状から「ビートル(かぶと虫)」の愛称で親しまれた。

 タイプ1は1970年代末、当時の西ドイツで生産を終了。その後もメキシコで長くつくられた。

 このタイプ1の独特のデザインを現代的にアレンジした2代目の「ニュービートル」は98年に登場。車体後部にエンジンがあるタイプ1とは異なり、車体前部にエンジンがある一般的な前輪駆動車で、かつての「かぶと虫」を思わせる愛らしいデザインが人気を集めた。

 3代目にあたる現行の「ザ・ビートル」はその後継車にあたり、日本では2012年に発売。やはり人気車となったが、「モデルサイクルの区切りを迎えた」(VW日本法人広報)として、18年9月に生産終了を発表。今年7月10日、メキシコでの生産を終えた。

 ザ・ビートルは、13年に日本国内で年1万台以上が売れたが、ここ数年は年間4千~5千台で推移していた。車は通常、新型が売り出されてから年数がたつごとに販売台数が減っていくため、販売減少は不思議な話ではない。

 ところが、生産終了が発表された後の今年1~6月期の販売台数は2365台で、前年同期より31%も増えた。生産終了に合わせ、新色や限定色の特別仕様車を投入したキャンペーンも効果があったようだ。VW日本法人は残りの在庫数を明らかにしていないが、在庫がなくなり次第、新車の購入はできなくなる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000018-asahi-soci

2代目のニュービートルはものすごく流行りましたね。

黄色いカラーや、アイボリーのカブリオレや、3200ccのエンジンを積んでるじゃじゃ馬モデルもありました。

ハンドル付近に一輪挿しのホルダーがあるなど、フォルムもさることながら他の車とは比較にならない魅力がありました。

そのビートルも終売とのことで、駆け込み需要が進んでているとのことで現在の在庫限りとなっているのが、いままで欲しかった人たちの購買意欲に火をつけたのだと思います。

現在のモデルは上記の通りザ・ビートルという車名ですが、現在の形や中古車市場などはどのようになっているのか調べました。

新車で手に入るビートルはどんな形?中古車の値段も含めて

参照:朝日デジタル

2018年1月~生産モデルでは239.9万円から397万円まで幅広いグレードで展開されていて、現在は在庫のみで販売が終了となる様子です。

ちなみに現行のザ・ビートルは上記の画像になります。

R34のGTRや先代のNSXなどはスポーツカーという事や人気も高かったために中古車市場でも新車の価格を超える値付けになっている状態ですが、

今回のザ・ビートルも根強いファン層がいるので、中古車市場では現行モデルで179.8万円~399.9万円とのことです。現行から1年と少ししかたっていませんので価格的に落ちにくいでしょうけど

これば完全に終売となれば価格は下がりづらくなるかもしれません。

世間の反応や声は

・ニュービートルが無かったら、ミニやフィアット500も出なかったと思うと、いつの時代も偉大な存在ですね。

また、いつの日か新しくなって復活するのを待ってます。

・黄色いビートルに乗っています。

デザインと色が目をひくらしく、近所の小さい子にも人気です。

昔、占いがありましたが、私たちの車を見て
喜んでくれる人がいたらと思うとやっぱり嬉しい。

子供の成長を機に一度別の車への乗り換えも考えましたが
可愛くて結局手放せませんでした。

この先も乗り続けることになりそうです

・ザ・ビートル 初期と後期では後期の方がスポーティーに見える

他にも雰囲気を似せて販売している FIAT500だったり でっかいMINIとかよく見ますよね 

さすがに当時のオリジナルを専門店で整備して乗りましょうとは言えないけど、エンブレム見るまでどこのメーカーかわからない車が増えすぎた

この車の様にもっとデザインに遊びがあっても良いと思う

最後に。ビートル終売の感想は

今回の記事を執筆する理由としても、筆者の私がビートルが大好きというのもありました。

免許を取り立ての事からビートルが欲しくて、それから遠い年月になりやっと乗ることができたので、今までの車よりも思い入れが強いんですよね。

それだけに、終売という出来事はとても寂しく感じますが、時代の流れには逆らえないのだと思います。

といえども、ビートルのカーオーナーからすると、今後も自車を大事に乗かもしくは最後に買い替えのチャンスと、

欲しかった人も購買の最後のチャンスにもなると思うので、この機会に無くなってしまう前に一度見積もりを取ってみるのもいいのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました