竹島で韓国が軍事訓練でアメリカの批判に対して反論の内容と世間の反応は

国際ニュース

韓国が、島根県の竹島周辺で行った軍事訓練をアメリカが批判したことに異例の反論。

韓国が独島として不法占拠している竹島周辺で先週末行った軍事訓練について、アメリカ国務省は、「日韓の問題を解決するためには生産的ではない」と批判している。

スポンサーリンク

韓国がアメリカに異例の反論 竹島軍事訓練めぐり

韓国が、島根県の竹島周辺で行った軍事訓練をアメリカが批判したことに異例の反論。

韓国が独島として不法占拠している竹島周辺で先週末行った軍事訓練について、アメリカ国務省は、「日韓の問題を解決するためには生産的ではない」と批判している。

このコメントについて、韓国大統領府関係者は28日、「独島は誰の領土か? 誰かに認めてもらわないといけない土地ではない」と不快感をあらわにし、「自国の主権と安全を守るための行為について、簡単に話をしてはならない」とアメリカを批判した。

韓国の中央日報は、「異例の批判」と報じている。

アメリカは、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄についても韓国を繰り返し批判していて、今後、米韓の関係悪化が進む可能性がある。

fnn

ツイッターでの反応は

世間の声や反応

・韓国政府の戦略の失敗です。今回の件を2国間の通商問題にとどめておけば、アメリカの関与は避けられた。本来アメリカは、竹島問題に積極的に関与したがりません。

しかしGSOMIA破棄という地域の安保問題まで発展させようとする韓国の態度に、トランプ政権は重大な危機感を抱いたのでしょう。

それにしても、文政権のひとつひとつの過剰な対応が公表されているのは、韓国国民に反日をアピールするためでしょうが、これも賢明とはいえません。韓国国民は安倍政権に反感を抱いているにしても、文在寅大統領のような北朝鮮に対するシンパシーを抱く人はさほど多くないでしょう。アメリカや日本と離反して、北朝鮮と組みたいとは思っていないはずです。

やぶれかぶれ感も漂っている印象ですが、国民の声が届いていないのが現状でしょう。まだ大統領の任期の折り返しにきていませんが、早々と政権末期になっているということでしょうか。

・ 前から言われてたけど、本気で米韓同盟破棄まで視野に入れ始めたのかもしれないと思ってしまう。
アメリカが怖いのは軍備面だけじゃなくて経済的な力が強いからだと思うんだけどね。
アメリカと離れても中国のパートナーになれば大丈夫とか考えてるのかな。
最近の韓国政府のご乱心ぶりからしたらありえそうだけど。

・側近の問題もあるし、ここで威勢の良さを示して国民の支持を繋ぎ止めておかないと、政権の望むレッドチーム入りが果たせないと必死ですね。でもアメリカは結構本気で怒ってるぞー。
韓国の皆さんも一応ながら、自由主義を経験して本当にレッドチーム入りして幸せになれるのでしょうか。
とりま、難民として日本になだれ込むなんて最悪の事態だけは勘弁ですよ。こっち見るな、来るな。

私の感想

韓国の現在の状況では落としどころを見つけるとなると金銭的な享受というところでしょうか。

なんだか、なりふり構わずな雰囲気が出てきているようにも感じます。

これらがきっかけで戦争が始まってしまいそうで怖いなとも感じます。

国際的な付き合いは仮に無くなったとしても、他国の一般人たちとはいい関係でいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました