消費税増税でカードもポイント還元分差し引きに金額請求時、実質値引きで世間の反応は

暮らしのニュース

10月の消費税増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元制度で、クレジットカード大手のJCBやクレディセゾンなど5社が、金額請求時にポイント還元分の金額を差し引く、実質上の値引きで対応することが、26日分かった。

スポンサーリンク

カードもポイント還元分差し引き 金額請求時、増税で実質値引き

10月の消費税増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元制度で、クレジットカード大手のJCBやクレディセゾンなど5社が、金額請求時にポイント還元分の金額を差し引く、実質上の値引きで対応することが、26日分かった。

 ポイントが付与され、後日に使える仕組みよりも還元の恩恵を消費者が実感しやすいため、実質的な値引きの動きが広がっている。既にセブン―イレブン・ジャパンなど大手コンビニエンスストアも同様の対応を決めている。

 5社はほかに三井住友カード、三菱UFJニコス、ユーシーカード。

kyodo

ツイッターでの反応は

その他、世間の反応は

・ 増税止めませんか?こういう分かりづらい方法で示しても国民は誰一人納得していないと思うんだけど…寧ろ、面倒な事して分かりづらくするって堀口雄介みたいな詐欺師なんかと手口的に似てるんじゃないかな?

・不公平で縛りのあるポイント還元なんておかしい。
そして特定の事業者が儲かる可能性が高い。

なぜならカードで中小店舗やコンビニでの購買する場合に限られる。
学生や若い独身者向けだわね。
カード会社やコンビニは新規客が増えて笑顔。
中小店舗は期間が過ぎれば補助がなくなり、
以降は手数料で削られるので乗り気ではない。
おかしいでしょう。
2%あがるからって別に目くじらはたてないが、
その前に税金の使い方がおかしい。
無駄が多い上に、法人税だけ下げ続け、
さらに実行税率は3割くらいにしか至らない。
そのぶんを一般人が所得税と消費税でカバーする格好。
年金も減らされる。
おかしいことばかり。

・思いつきなんじゃないかと思うくらいややこしく理解しにくい増税の還元。

・ 実質値引きとかいうくらいなら増税しなければ良い!店舗ではレジを変えたり増税のために負担がかかるし国民も苦しくなるばかり。何のために増税するのか。議員は無駄に多いし定年がないのもそもそもおかしい。議員数、議員給料、莫大な経費等減らせば増税しなくても良いと思うのは私だけ?それだけ無駄が多いと思います。
貧富の差がますます増えるばかり…

私の感想

消費税の増税のために軽減税率や値引きなどの政策が行われていると思いますが、非常にわかりづらいな思います。

消費税の使い道としては、もともとは全額、社会保障費をねん出するためというものから、人づくり革命という政策にも使用されているとのことです。

人づくり革命というのは学校の無償化や待機児童問題を無くすためなど。という事ですが、もろもろが少子高齢化が進んでいるから。というの理由が大きいのかもしれません。

とはいえ、これから高齢化がさらに進み、人口も減っていくと考えると、その分だけ自治体や公務員、議員の方たちもそれに合わせた人数に変えていかなければいけないと思います。

専門家ではないので詳細はわかりませんが、あらゆることが絡んでいるだけにいろいろな解決策もあるように感じてしまいます。

今回の増税に向けてクレジットカードも実質値引きというのは実際にキャッシュレス化を進めるきっかけになるのかとても興味があります。

タイトルとURLをコピーしました