大澤昇平のtwitterや顔画像と経歴は?行き過ぎたツイートに大炎上でヤバい!

国際ニュース

東京大学大学院情報学環・学際情報学府で特任准教授を務める大澤昇平さんが12月1日、Twitterで「当職による行き過ぎた言動が、皆様方にご迷惑、不快感を与えた点について、深く陳謝します」と謝罪しましたが、世間では大変騒がれていましたので、詳細をまとめました。

スポンサーリンク

大澤昇平さんがTwetterで批判が来るツイートを投稿して事業にも影響か

東京大学大学院情報学環・学際情報学府で特任准教授を務める大澤昇平さんが12月1日、Twitterで「当職による行き過ぎた言動が、皆様方にご迷惑、不快感を与えた点について、深く陳謝します」と謝罪した。

大澤さんは自身が経営する会社で「中国人は採用しません」などと人種差別と見られる投稿をTwitterで繰り返して批判を浴びていた。該当ツイートは削除された。
「人種差別ではないか」と批判殺到。東大が調査委設置
大澤さんは1987年生まれ。東京大学・松尾豊研究室で人工知能とウェブに関する博士号を取得。著書に『AI救国論』がある。世界中の開発者が協力してAIを制作できるプラットフォーム「Daisy」を開発するための株式会社Daisy代表取締役CEOを務めている。

大澤さんは「東大最年少准教授」とプロフィールに掲げたTwitterアカウントで11月20日、「弊社 Daisy では中国人は採用しません」「中国人のパフォーマンス低いので営利企業じゃ使えないっすね」などと投稿。「人種差別ではないか」と批判が殺到していた。

これを受けて、東京大学は同月24日に「書き込みは大変遺憾」とする見解を発表した。28日には対応措置を検討するために調査委員会を設置した。
公開講座への寄付停止。スイス企業は業務提携を解消
大澤さんが特任准教授を務める東京大学の「情報経済AIソリューション寄付講座」は、企業からの寄付で運営されているが、今回の投稿を受けて、寄付元のマネックスグループ、オークファン、大広の3社は、いずれも該当講座の寄付を停止した。

さらにDaisy社が業務提携しているスイスのデータプラットフォーム企業「Steamr」が11月27日、「株式会社Daisy代表による差別発言を受け、StreamrではDaisy社との提携を解消いたしました」と発表するなど、大澤さんの事業そのものにも影響が出ていた。

ツイッターでは大澤さんの問題のツイートに対して、海外の方も反応していましたので、国際問題にならければいいなと少し心配です。

その問題になっている投稿内容が下記にないります。

問題になっている投稿内容は?

このツイートに対してツイッターの界隈では大炎上を起こし、各企業からの寄付金の停止や企業提携の停止など、業務にも影響を及ぼしているようです。

その中でも大澤昇平さんは自身のツイートで謝罪の投稿を行っていました。

大澤昇平の謝罪の投稿内容は

反省をした投稿をしているようで、界隈では炎上が収まる様子が無いようにも感じますが、今回の騒動は

「 ①一連のツイートの中で当職が言及した、特定国籍の人々の能力に関する当社の判断は、限られたデータにAIが適合し過ぎた結果である「過学習」によるものです。 」

ツイッターより引用

という事です。今後はツイッターでも、本業以外の投稿は自粛されるとのことです。

個人的には自身の発言に対しての反省の意味の投稿をされているのはとてもいいことだと思います。

今後の大澤昇平さんの活躍を願っています。

そんな大澤さんのプロフィールなどを下記に紹介いたします。

大澤昇平の経歴や顔画像は

福島県いわき市出身。福島工業高等専門学校卒業。

2010年3月筑波大学第三学群情報学類北川博之研究室卒業

2012年3月 筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻北川博之研究室修士課程修

2015年3月東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻松尾豊研究室博士課程修了。博士(工学)。

2017年8月東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻松尾豊研究室特任助教着任

2018年3月株式会社Daisy代表取締役CEO就任

2019年4月東京大学大学院情報学環情報経済AIソリューション寄付講座特定短時間勤務有期雇用教職員(特任准教授)着任。

わずか31歳で東京大学の助教授になったというものすごい方だったのですね。

今回の件は謝罪をして反省をされているというのもありますので、時間とともに炎上も収まって今後の活躍に期待しています。

世間の声や反応は

タイトルとURLをコピーしました