マイケルテイラー(カルロスゴーン逃亡の支援者)の顔画像の特定(元グリーンベレー)と警備会社の詳細

未分類

元日産の社長、カルロスゴーン氏が逃亡した際に、元グリーンベレーの警備会社を運営しているマイケルテイラー氏という事がわかったとのことで、今回はマイケルテイラーはどの様な人物なのか、警備会社の詳細をまとめました。

スポンサーリンク

ゴーン逃亡の支援者マイケルテイラーの顔画像と詳細

https://archive.sltrib.com/article.php?id=57190507&itype=cmsid より引用

59歳のテイラーはニューヨーク州スタテン島で生まれ、キャリア兵士であった義父に養子にされました。

マサチューセッツ州の高校を卒業後、米陸軍の特殊部隊で4年間勤務し、40,000フィートからのホットスポットでパラシュートしました。

彼はレバノンの大統領選挙の殺害とイスラエルの侵略の後、1982年に最初にベイルートに行きました。彼は6年以上前に有罪を認めユタ州の連邦裁判所に有罪判決の通知によると、「レバノンのキリスト教の社会と生涯の関係」電車レバノン軍を助けたと始めました。

彼は1985年に妻のラミアに会い、彼女を結婚してからボストン郊外に戻り、3人の息子を育てました。

アラビア語を学び、レバノンおよび中東全域で連絡先を開発したテイラーは、米国の法執行機関およびintelligence報機関にスキルを貸し出しました。

テイラーは10年間予備役を務め、1991年の湾岸戦争で活動したが、配備できなかった

。彼は当時、レバノンのベカー渓谷でのハシフィの人身売買とマネーロンダリングに関する米国の調査で覆面工作員として働いていた、とメモに書かれている。

1991年に3トンのハシシが押収されて操業は終了しました。

その後、テイラーはレバノンのキリスト教軍を訓練した民間請負業者としてレバノンに戻りました。1992年、彼は、高品質の偽造100ドル紙幣を作っている疑いのあるグループの調査を米国当局者を支援しました。

テイラーは、米国政府およびABC、デルタ航空、ディズニーオンアイスなどの個人顧客で働いてきました。

2009年にアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンに拘束された記者を救出したことで、民間警備業界ではよく知られた人物だということです。

今回、カルロスゴーンが逃亡した際にマイケルテイラーの警備会社がついていたとのことですが、その会社も調べてみました。

カルロスゴーン逃亡支援者の警備会社ASICの詳細

マサチューセッツ州にある彼の会社は、元軍人、元警官、退職したシークレットサービスエージェントを雇用し、個人的な保護を提供しています。

そのウェブサイトには、「緊急事態に対応できる専門家がいる一方で、詳細の間に行われる潜在的なストーキング、攻撃、盗難、犯罪を阻止する強力なプレゼンスを提供しています」と書かれています。

とはいえ、従業員が2人という事なので、マイケルテイラー本人ともう一人くらいのほぼ個人営業で成り立っていたようです。

イメージ的に大きな会社になるほど、目も付けられそうなのでこのような仕事はほぼ個人な気もします。

実際にカルロスゴーンを逃亡として使用したのは音響機器の運搬に使う大型の黒いケースの中に隠れてプライベートジェット機まで運ばれたとの事で、どのようなケースだったのかが下記に載っていました。

カルロスゴーンの逃亡に使用した楽器の箱の画像は

随分と大きな楽器の箱ですね。これなら人も軽く入りそうですね。

それにしてもマイケルテイラーも、出国の際のあまりの呆気なさに半信半疑になるくらいだったのではないでしょうか?

外国なら軍や警察が常に警戒してるから、それ相当の準備をしていたはずですし。

もしもの時に非金属製の武器なども携帯していた可能性もあるし、オリンピック前に日本の緩さをアピールする最悪の事態だと思います。

タイトルとURLをコピーしました