LINEのOPENCHAT(オープンチャット)が出会い系に使用と不満の声が多数?有効な使い方と世間の声も

暮らしのニュース

今日、スマホを使用しているユーザーはチャット機能のLINEを使用してない人はいないくらいのメジャーなメッセージアプリだと思います。

そのスマホアプリのLINEからオープンチャットという機能が追加されたの事により、出会い系の温床になるなど危惧しているユーザーも多数いました。

そもそも、オープンチャットのいい使い方なども含めて詳細をまとめました。

スポンサーリンク

LINEでOPENCHAT(オープンチャット)が公開される詳細は

 LINEは8月19日、メッセージアプリ「LINE」のグループトーク機能を拡張した「OpenChat」の提供を始めた。LINE上で友だち登録をしていないユーザーも、URLやQRコードを共有すればトークルームに招待できるのが特徴。「お気に入りの喫茶店を語ろう」というように、共通の趣味を持つユーザーが集まるグループを作成できる。

 通常のグループトークの定員は500人だが、OpenChatの場合は最大5000人まで参加可能。トークルームごとに名前とプロフィール写真を変更可能で、LINE上で友だちになっていない人ともコミュニケーションできる。

 トークルームの公開範囲は、全員に公開、パスコードを知っている人のみ公開、トークルームの管理人(オーナー)が承認した人のみ公開――から選べる。途中からグループに参加したユーザーは、過去のトーク履歴をさかのぼって読める

 同社は、趣味を共有するコミュニティーの他、同じマンションに住む人たちとの連絡網や、緊急時に会社内で情報を共有するグループなどへの活用も想定している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000067-zdn_n-sci

これを見てまず思ったのは5000人も参加可能という事は、町内や学校の回覧板や案内なども使用できそうだなと思ってしまいました。

また、上記に紹介されている特定のファン専用のグループをチャットし合えるのは情報収集したい、いわゆるROM専の方にも重宝されそうです。

筆者はちょっとした情報をツイッターよりも、「テレグラム」の個別のグループで情報収集することが多いです。

今回のトークルームの様なアプリは他にもDiscord(ディスコード)やSlack(スラック)などのグループチャット機能が売りになっているのが先駆者だと思いますが、単純にLINEもその機能を追加したかったように思えます。

というのも、上記の聞きなれないアプリを使うのも、その様なアプリを使わないとトークルームがなかったため、LINEでそのトークルームが立ち上がれば、そちらに流れるユーザーも結構いそうな気もします。

ファンクラブのトーク部屋(地域別など)や上場企業の株主専用のトークルームなどもあっても面白いかもしれません。

個人的には、グループに入る前の情報もさかのぼってみることが出来る。という機能がとてもうれしいなと思いました。

とはいえ、オープンチャットをよく思わないかたや、心配されているかた。また、グループに入ったけど、通知がひどすぎるという声もも少なくありません。

LINEを出会い系に使用?オープンチャットを試した方の不満の声も

通知の設定は無いのでしょうか??私もまだ行っていないのでわかりませんが、恐らくは始まったばかりのサービスでうれしくてチャットしまくっているのかなと思ってしまいます。

ちなみに、上に載せさせていただきました、出会い系やアダルトな内容に関してはこの様な対策もあるとのことでした。

友達がLINEから急にいなくなってしまったら不適切な使われ方をした可能性があるかもしれませんね。

それも困ってしまいますし、そもそも、オープンチャットのカテゴリー欄にはかなり健全な欄ばかりなので、出会い系や下ネタなどでLINEを使用しないようにしましょうね。

最後に、私の感想

個人的には、LINEは日本国内でも相当認知されているので、現在は面白がっていろいろなトークの板があるかもしれませんが、いずれは自分の興味のあるものの情報収集などを上手に使えるツールになるかと思います。

その中でも、一番このサービスがあって良かったな。と実感しそうなのが災害時の地域の情報共有などのライフラインや、アーティスト本人も参加しているグループチャットなどかなと思います。

また、地域別で好きな食べ物の報告トークもいいかもしれません。なんかFacebookなどでもコミュニティがあるので、近い感じがしますが、その様な使い方でいいのかと思います。

未成年の方でもオープンチャットを使用できる上に、物珍しい機能が追加されたので、最初は面白がって、はっきり言って意味のなさそうなグループもたくさんできるかと思いますが、いずれは価値のあるグループのみが活動して残っていくと思います。

普段から使っているアプリで完結できる可能性があるのは魅力かもしれませんね。

そう考えるとシノギを削りあって、今回のサービスを脅威に感じている会社もいるわけですね。

PS,ちょこっとだけオープンチャットを開きましたが、グループを作成する際に管理人と副管理人みたいな共同管理者の設定もできるとのことなので、興味のあるグループが立ち上がったらROM専でグループに参加してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました