韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府に対しての世間の声は

暮らしのニュース

韓国文化体育観光部が2019年8月11日、東京五輪には参加すべきという見解を明らかにした。

文在寅大統領も同年8月15日の光復節記念式で、平昌冬季五輪から東京夏季五輪、2022年の北京冬季五輪へと続くリレー開催は東アジアが友好と協力の土台を固める機会だとして、国内で広がりつつある東京五輪ボイコットを牽制する発言を行なった。

スポンサーリンク

韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府

韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制する韓国政府の全文(Newsweek)

韓国文化体育観光部が2019年8月11日、東京五輪には参加すべきという見解を明らかにし、文在寅大統領も同年8月15日の光復節記念式で、平昌冬季五輪から東京夏季五輪、2022年の北京冬季五輪へと続くリレー開催は東アジアが友好と協力の土台を固める機会だとして、国内で広がりつつある東京五輪ボイコットを牽制する発言を行なった。



■ SNSで広がる東京五輪不参加を求める声

いっぽう日本政府が韓国をホワイト国から除外する決定を受け、東京五輪をボイコットしようという声が韓国内で上がっている。

プロバスケットボールチームは日本との親善試合や日本で予定していたトレーニングを相次いで取り止めている。昨シーズン優勝した蔚山現代モービスは日本バスケットボールチーム「サンロッカーズ渋谷」と行う予定だった親善試合を取りやめ、トレーニング先を江原道の束草に変更した。

平昌冬季五輪で注目を浴びた女子カーリングチームも日本で開催された国際大会への出場を取りやめた。女子カーリング京畿道庁は国家代表に選ばれた後、初めての国際大会だった。カーリングはワールドツアーでランキングポイントを積み上げてグランドスラムの出場権を得るが、その機会も逸しかねない決定だ。

ある世論調査機関は、国民10人中7人が東京五輪ボイコットに賛成していると伝え、また、国会文化体育観光委員会の共に民主党幹事シン・ドングン議員も東京五輪のボイコットを積極的に検討しなければならないと主張する。 

東京五輪への不参加を求める声がインターネットコミュニティやソーシャルメディアを中心に広がっており、青瓦台(大統領府)の国民請願掲示板にも「東京五輪ボイコット運動」を提案するコメントが投稿されている。

Newsweek

ツイッターの反応は

世間の反応や声は

・ボイコットぜひお願いします。

震災をお祝いするような
民度低い国など来なくて良い

・ 頑張って!頑張って!
来てほしくないから頑張って!

・ 五輪不参加もいよいよ現実味をおびてきた感じがします。

・ GSOMIAも破棄、被害者ビジネスも続行、もー沈みたい国は勝手に沈んだら良いと思うし、オリンピックもどーせ、ろくでもない横断幕を掲げるんだから、来なくていいと思う。来ない方が他国の選手や観戦者にとって良いオリンピックになると思う。

・ 韓国の五輪「自主規制」を心から支持いたします。サッカーとテコンドーの違いが分からない民度の方は正直遠慮していただきたかったのです、日本の方も。世界のアスリートたちの心身の健康と安全のために。

最後に私の感想

韓国の国民がオリンピックの不参加を求めたところで、韓国の利益になることがあるのか少し心配です。

そして、それが実現して一番気の毒なのがオリンピックを夢を見ていた韓国のアスリートたちだと思います。

スポーツに関しては国際問題とは関係なしでスポーツマンシップで行われていて、だれもがそれを信じて疑っていないはず。だと日本国内では思っていると思います。

でも、韓国国内ではその様な考えが通用しないようです。

少し残念な気持ちになってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました