栃木の真岡ひかり幼稚園で女性の保育教論は誰と2歳の園児に暴言を繰り返すのが世間で話題に

暮らしのニュース

栃木県の認定こども園で信じられない暴言だ。30代の女性保育教諭2人が園児たちに「死んでしまいなさい」などと指導していた。

 その幼稚園はこんな目標を掲げていた。「正しい言葉で誰とでも仲良くしよう」。ところが、保育教諭自身が園児たちに暴言を繰り返していたことが分かった。

不適切な言葉で園児たちを指導していたのは、栃木県真岡市にある幼保連携型認定こども園「真岡ひかり幼稚園」。

強い口調で不適切な指導をしていたのは30代の2人の女性保育教諭。2歳児クラスの園児に対して「死んでしまいなさい」「文句あるのかよ」「邪魔」「うるさい」などの暴言を繰り返していたほか、明かりのついていない暗い部屋に数分間、園児を入れていたこともあったという。

今回の報道内容と世間の反応を調べました。

スポンサーリンク

栃木県真岡市寺内の認定こども園真岡ひかり幼稚園で園児たちに暴言

 栃木県真岡市寺内の認定こども園「真岡ひかり幼稚園」(園児数約200人)で、保育教諭らが2歳の園児たちに「死んでしまいなさい」などと不適切な言葉で指導していたことが30日、わかった。市は園側に事実を確認した上で、再発防止策の策定などを求めた。

 真岡市や同園によると、6月頃から複数の保育教諭らが、2歳児組(23人)の園児たちに対し、「死んでしまいなさい」としかるようになった。また、食事やトイレの指導の際にも「廊下に出ろ」「邪魔」「うるさい」などと不適切な言葉を使っていたほか、何人かの園児を明かりのついていない教材室に数分間入れたこともあった。

 保護者からの連絡を受けて、市は今月24日に宇南山照元(うなやましょうげん)園長を呼び、事実確認などを行った。同園は27日に2歳児の保護者会を、29日に全体保護者会を開いて経過を報告するとともに、保護者に謝罪。さらに当該園児宅を個別訪問し謝罪した。

 問題の判明後、不適切な指導に関わった、いずれも30歳代の保育教諭2人は退職し、保育補助1人は自宅待機しているという。

 同園は、1965年に幼稚園として開園し、2016年に幼保連携型認定こども園になった。宇南山園長は取材に「園児や保護者に不快な思いやつらい思いをさせ、申し訳ない。今後は職員間の風通しを良くし、保護者に安心してもらうためのカメラを設置するなどして、再発を防止していく」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00050263-yom-soci

世間の反応や声は


タイトルとURLをコピーしました