ベンタブラックより10倍黒い?最も黒い物質が凄すぎると話題に

話題

いままで世界で一番黒い製品は「ベンタブラック」という素材でしたが、それよりも10倍もの黒い物質を作ることに成功したとのことで、世間では大きく話題となっていました。

今回はそのもっとも黒い物質の詳細と、今まで一番黒かったベンタブラックも含めてまとめました。

スポンサーリンク

MIT研究者が「最も黒い物質」を偶然発見 99.995%の光を吸収

MIT研究者が「最も黒い物質」を偶然発見 99.995%の光を吸収 の全文はこちらから

マサチューセッツ工科大学(MIT)は、これまで最も黒い物質として知られていた「ベンタブラック」よりもさらに黒い物質を発見したと発表しました。光の吸収率は少なくとも99.995%で、従来の「最も黒い黒」の10倍となっています。


 MITに所属する航空宇宙工学教授ブライアン・ウォードル氏と上海交通大学のケホン・ツイ氏が、電気と熱の働きを高める実験を行っていたところ、その副産物として偶然発見したという今回の物質。

 当初の目的を達成し、熱と電気の特性を大幅に向上することに成功した際に、研究に使っていたカーボンナノチューブの色が実験前よりも黒くなっていたことに気付いたそうです。そこで光学反射率を測定してみたところ、今回の発見に至ったとのこと。

 ウォードル氏は研究の成果に対し、「われわれが発見した物質は、従来の10倍も黒いです。ですが、さらに黒い物質がこれからも見つかることでしょう。誰かがより黒い物質を発見することで、次第に私たちは黒のメカニズムを理解できるようになっていくはずです。やがては究極の黒を的確に扱えるようになるでしょう」と述べています。

ねとらぼ

ブラックホールは置いておいたとして、いままで一番黒い物質はベンタブラックという物質でしたが、別の実験を行っていたところでまさかの更に黒い物質を発見できたという事でした。

現在は 科学的利用に先駆けて芸術分野で披露されているとのことで、ニューヨーク証券取引所で公開されました。

そのもっとも黒い素材ですが、まだ素材名は決まっていないのかと思われますので、わかり次第記事にしたいと思います。

一番黒い物質の値段や価格は?

ベンタブラックよりさらに黒い物質はまだ素材名もなければ商用利用の時期も決まっていませんので、価格はまだ決まってないと思いますが、いままでは一番黒かった「ベンタブラック」自体もアニッシュ・カプーアという方が独占されているとのことで、一般的には流通されていなくコンセプトモデルなどおおく、いずれも高級な物ばかりでした。

それにしても、今回のニュースを知るまで、今まで最も黒かった「ベンタブラック」すらも初めて聞きました。

初めて聞いた方もいるかと思い、参考になる画像などを調べました。

ベンタブラックはどれくらい黒い?

ベンタブラック(Vantablack)は、ナノチューブから構成される、可視光の最大99.965%を吸収する既知の最も黒い物質である[「成長」する垂直なチューブの森から成っている。ベンタブラックに光が当たると、それを跳ね返すのではなく捉えて、チューブ内を何度も屈折させ、最終的には吸収されて熱として放散される。

ウィキペディア

ちなみに上記の画像はアルミ箔にベンタブラックをコーティングされた状態になります。 

「ベンタブラック」より10倍黒いのが今回の物質という事ですが、正直、画像だけではどちらが黒いかわかりませんw

ただ、アルミのシワすら見えなくなるくらい黒いのはベンタブラックもかなりの黒だというのがわかります。

もう少しわかりやすいものはないかと思い他にもベンタブラックを使用した物ををしらべたところ結構出てきました。

ベンダブラックの塗料を使用したもの


OOMIYA

ベンタブラックを使用した時計とのことです。

大体の時間しかわかりませんが、予定価格が300万円を超える高級腕時計です。

エキサイトニュース

BMWのX6をベンタブラックの塗料を使用したコンセプトカーです。

光が反射されないので立体感が全くなく、不気味な感じですね。夜道に走られるとライトの光も吸収するでしょうから、事故も増えそうですね。

flickrr

ベンタブラックを使用した展示品です。

もはやただの黒い塊なだけで、よくわからないですね。

ベンタブラックよりの話になってしまいましたが、今回のニュースになった黒い素材は今紹介した画像より10倍も黒いとのことです。

もう、どう比べたらいいのかわかりませんね。

今回の物質を見つけた方も、今後はさらに黒い物質が出てくるだろう。と言っていますが、例え更に10倍黒くなったとしても見た目的には変わらないように思えます。

しかし、その黒いのを別な研究が進むこともあるのだと思います。

世間での反応や声は

・さらっとニュースした感じだが…

意外と凄い発見なのかも?
ほぼ光を反射しない物質なんて用途がかなり広い分野に渡りそう

軍事にも間違いなく転用されるだろう

・ 光学迷彩に使えそう

・ そう思うけど、光学迷彩にはならない。
光学迷彩には光が必要で光を99%も吸収して黒くなっても余計に目立つ。

最先端の技術は先に軍用に扱われることが多いと思うので、一般市民が使用できるまで10年後。という話も聞いたことがあります。

とはいえ、新しい発明から今までできなかったことが広がっていく手掛かりになるのかと思います。

私は科学的なことは無知なので、適当な発言になってしまいますが、100%黒に近づける。というメカニズムを使用して逆の発想から光学迷彩を研究することも可能なのでしょうか?

SFの様な未来は気づかないうちにすこしずつ近づいてきているのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました